RSS

【短刀】 義助(三代) CHECK!

義助(三代)・全身
義助(三代)・表面 義助(三代)・裏面
義助(三代)・銘
種別 短刀
駿河
時代 室町時代後期
法量 長さ27.4cm(9寸1分弱)
反り:なし
元幅2.7cm
先幅0.53cm
元重:0.53cm
保存刀剣
金着せ一重はばき
白鞘
栃木県登録:平成16年7月15日交付
銘文 義助(三代)
説明 義助は銘鑑によれば初代を康正、二代を明応・永正としており、以後同銘数代が新々刀期に至るまで連綿と続いています。三代義助は大永から天文頃にかけて活躍し、作風は備前・相州・美濃の各伝によるものがあり、これらのいずれをも器用にこなした作域の広い刀工です。
 この短刀は板目鍛えに地沸細かにつき、刃文は浅い湾れ調の互の目乱れに足入り、匂深く沸よくつき、地刃共に本工の特色をよく示した作品です。
義助(三代)・鑑定書

【短刀】 義助(三代)

価格:

460,000円 (税込)

[ポイント還元 4,600ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク9 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 島田鍛冶の代表格、義助の短刀のご紹介です。研磨されて久しく古研の為、美観はやや劣りますが、鑑賞には問題ございません。