RSS

【脇差】 備前国長船兼光 文和三年十二月日 NEW

兼光 画像
兼光 拵画像
備前国長船兼光 文和三年十二月日・差表 備前国長船兼光 文和三年十二月日・差裏
備前国長船兼光 文和三年十二月日・物打ち
備前国長船兼光 文和三年十二月日・刃
備前国長船兼光 文和三年十二月日・刃2
備前国長船兼光 文和三年十二月日・護摩箸
備前国長船兼光 文和三年十二月日・物打ち2
備前国長船兼光 文和三年十二月日・鍛え肌
備前国長船兼光 文和三年十二月日・鍛え肌2
備前国長船兼光 文和三年十二月日・はばき元
備前国長船兼光 文和三年十二月日・茎
備前国長船兼光 文和三年十二月日・表銘 備前国長船兼光 文和三年十二月日・裏銘
備前国長船兼光 文和三年十二月日・拵表 備前国長船兼光 文和三年十二月日・拵裏
備前国長船兼光 文和三年十二月日・柄
備前国長船兼光 文和三年十二月日・鐔
備前国長船兼光 文和三年十二月日・小柄
備前国長船兼光 文和三年十二月日・銘
種別 脇差
備前
時代 南北朝時代
法量 長さ:34.8cm(1尺1寸5分強)
反り:僅か
造り:平造り、三ツ棟
元幅:2.7cm
元重:0.43cm
特別保存刀剣
金着せ一重はばき
黒呂色刻塗鞘脇差拵
白鞘
東京都登録:平成24年6月19日交付
銘文 備前国長船兼光
文和三年十二月日
説明 備前長船派の嫡流である兼光は、景光の子と伝え、その作刀に見る年紀は鎌倉時代後期の元亨から南北朝時代中期の応安に及び、この間五十年の長きに亘るために、同銘二代の存在が考えられますが、その区分をいつにするかについては定説がありません。その作風の変遷を見ると、南北朝時代初期の康永頃までは太刀・短刀共に姿が尋常で、片落互の目や直刃調のものを焼いていますが、貞和・観応頃から姿がやや大振りとなり、それまでになかった湾れ主調の刃文を多く焼いています。
 この脇差は、小板目肌よく詰んだ鍛えに地沸細かにつき、乱れ映り鮮明に立つ。刃文は小湾れ調に互の目・小丁子交じり、小足入り、匂口締まりごころに小沸つくなど、この時代の兼光の典型的作風を示した作品です。
備前国長船兼光 文和三年十二月日・鑑定書

※以下は本作の一年後に作られた、重要文化財・一国兼光の説明と図譜です。

一国兼光・説明
一国兼光・写真

【脇差】 備前国長船兼光 文和三年十二月日

価格:

5,000,000円 (税込)

[ポイント還元 50,000ポイント〜]
購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 備前長船派・景光の子であり鎌倉時代後期から南北朝時代中期の備前刀を代表する名工・兼光(古刀最上作)の逸品をご紹介いたします。入念な鍛えは美しく、映りが鮮明に現れています。また付属の脇差拵も伝来のよさを物語っています。本来柄巻きを修復後にご案内と考えましたが、何とも云えぬビンテージ感に溢れていますので現状での公開とさせていただきました。時の過ぎ去るのを忘れ、いつしか見入ってしまう程に魅了される一振りでございます。
地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。