RSS

【刀】 応小川賢秋需 備前介宗次作之 NEW

備前介宗次 画像
応小川賢秋需 備前介宗次作之・差表 応小川賢秋需 備前介宗次作之・差裏
応小川賢秋需 備前介宗次作之・刃
応小川賢秋需 備前介宗次作之・物打ち
応小川賢秋需 備前介宗次作之・物打ち2
応小川賢秋需 備前介宗次作之・鍛え肌
応小川賢秋需 備前介宗次作之・鍛え肌2
応小川賢秋需 備前介宗次作之・物打ち3
応小川賢秋需 備前介宗次作之・物打ち4
応小川賢秋需 備前介宗次作之・物打ち5
応小川賢秋需 備前介宗次作之・鍛え肌3
応小川賢秋需 備前介宗次作之・はばき元
応小川賢秋需 備前介宗次作之・茎表
応小川賢秋需 備前介宗次作之・茎裏
応小川賢秋需 備前介宗次作之・柄頭
応小川賢秋需 備前介宗次作之・鐔
応小川賢秋需 備前介宗次作之・拵全身 応小川賢秋需 備前介宗次作之・表銘
応小川賢秋需 備前介宗次作之・裏銘
応小川賢秋需 備前介宗次作之・鑑定書

種別 武蔵
時代 江戸時代後期
法量 長さ:70.2cm(2尺3寸1分5厘)
反り:2.2cm
元幅:3.08cm
先幅:1.93cm
元重:0.76cm
特別保存刀剣
金無垢二重はばき
黒呂色斜金梨子地鞘江戸肥後拵
白鞘
兵庫県登録:平成元年12月21日交付
銘文 応小川賢秋需 備前介宗次作之
弘化四年八月日
於千住太々土壇拂 切手山田五三郎
説明 宗次は奥州白川に固山宗平の弟として生まれ、加藤綱英の門人となり、後に白川城主松平定信(楽翁侯)に抱えられ、文政六年の松平家の伊勢転封に従い、文政十二年頃桑名に移住し、天保二年頃に江戸に出て麻布永坂に於いて作刀しています。彼は新々刀期における備前伝の丁子乱れの第一人者として著名で、作刀の大半は備前伝の乱れ刃に趣をおいたものですが、匂口明るく冴えた直刃調の作品も見受けられます。
 この刀は、常陸国牛久藩の農村興廃対策を担った用人小川賢秋の注文により作刀されたもので、小板目肌が微塵に詰んだ精美な鍛えに地沸つき、刃文は本工の典型的ともいえる匂出来の華やかな丁子乱れに足長く入り、地刃共に明るく冴えた作品です。

【刀】 応小川賢秋需 備前介宗次作之

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 備前介宗次快心の作をご紹介いたします。注文主の「小川賢秋」は牛久藩(常陸国河内郡に存在した藩・現在の茨城県牛久市)の藩士で、改革の手腕を高く評価された記述が残っています。本作は備前介宗次が最も得意とする備前伝の丁子乱れで、刃中明るく冴え出来が優れています。附属の御拵も入念なつくりで、斜めに塗られた金梨子地がお洒落で保存状態も非常に良好です。

地刃共に健全。

(本作は委託出品となっています)