RSS

【刀】 造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日 CHECK!

大慶直胤 画像
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・差表 造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・差裏
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・物打ち2
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・鍛え肌
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・彫
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・はばき元
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・鍛え肌2
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・彫2
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・はばき元2
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・彫3
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・刃3
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・茎表 造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・茎裏
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・表銘 造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・裏銘
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・彫4
種別
武蔵
時代 江戸時代後期
法量 長さ:75.5cm(2尺4寸9分)
反り:1.5cm
元幅:3.12cm
先幅:2.14cm
元重:0.73cm
特別保存刀剣
金着せ二重はばき
白鞘
愛知県登録:昭和26年5月7日交付
銘文 造大慶直胤(花押)
天保十二年十一月吉祥日
説明 大慶直胤は安永七年に出羽国山形に生まれ、寛政十年頃江戸に出て同郷の先輩である水心子正秀の門人となりました。さらに正秀の世話で館林藩主秋元家に正秀と共に仕え、文政四年に筑前大掾、嘉永元年には美濃介を受領した新々刀期屈指の名工として知られています。彼は各地を巡って鍛刀しており、作刀に鍛刀地の地名を刻印したものが多く、判明しているものだけで十六ヶ所を数えています。
 この刀は、小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに地沸つく。刃文は丁子を主調に互の目・片落風の互の目など交じり、足長く頻りに入り、処々逆足となり、小沸つき、細かな砂流しかかり、匂口明るく冴える。また、義胤の手による刀身彫刻と共に、見事な出来映えを示した同作中傑出の一振りです。
造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日・鑑定書
※以下は、刀身彫についての資料です。(参考画像。本品ではございません)
江戸三作の研究・表紙
江戸三作の研究・押形

【刀】 造大慶直胤(花押) 天保十二年十一月吉祥日

価格:

5,660,000円 (税込)

[ポイント還元 56,600ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 江戸後期新々刀を代表する刀工・大慶直胤の優品をご紹介いたします。本作の製作時期は直胤六十三歳の作に相当いたします。嘉永元年には美濃介となり、安政四年七十九歳の長寿にして名工としての生涯を終えました。いわば本作を製作した頃は技量と集中力が最も充実した年代で一般に天保打ちの直胤の作は名作中最も人気があります。なお刀身に施された彫刻は直胤の高弟にあたる本庄義胤の手によるもので、緻密で躍動感溢れる彼の彫刻は評価が高く、直胤の優品に更に付加価値を高めています。長寸で身幅広く堂々とした体配と、備前伝の互の目丁子刃は見事で直胤作品中屈指の名作の一振りでご推奨させていただきます。
(義胤刀身彫刻解説:佩表=春日大明神鋤下肉彫/佩裏=旗鉾鋤下肉彫 )

地刃共に健全。