RSS

【脇差】 越前守助広 以地鉄研作之 NEW

津田越前守助広 画像
越前守助広 以地鉄研作之・差表 越前守助広 以地鉄研作之・差裏
越前守助広 以地鉄研作之・物打ち2
越前守助広 以地鉄研作之・刃文3
越前守助広 以地鉄研作之・鍛え肌
越前守助広 以地鉄研作之・鍛え肌2
越前守助広 以地鉄研作之・飛焼
越前守助広 以地鉄研作之・刃文4
越前守助広 以地鉄研作之・刃文5
越前守助広 以地鉄研作之・刃文6
越前守助広 以地鉄研作之・鍛え肌3
越前守助広 以地鉄研作之・鍛え肌4
越前守助広 以地鉄研作之・物打ち3
越前守助広 以地鉄研作之・はばき元
越前守助広 以地鉄研作之・茎表 越前守助広 以地鉄研作之・茎裏
越前守助広 以地鉄研作之・銘
種別 脇差
摂津
時代 江戸時代初期
法量 長さ:47.7cm(1尺5寸7分強)
反り:1.20cm
元幅:3.40cm
先幅:2.56cm
元重:0.74cm
重要刀剣
金着せ一重はばき
白鞘
宮崎県登録:平成12年11月27日交付
銘文 越前守助広
以地鉄研作之
説明 津田越前守助広は、寛永十四年摂州打出村(現芦屋市)に生まれ、初代そぼろ助広の門に学び、明暦元年、師の没後、二代助広を継ぎました。明暦三年越前守を受領し、寛文七年には大坂城代青山因幡守宗俊に召し抱えられ、天和二年四十六歳で没しています。その作風は、初期には石堂風の丁子乱れ、次いで互の目乱れを焼き、更に濤瀾乱れという独特の刃文を創始するに至り、一世を風靡しました。そして、この新作風は当時の大坂刀工のみならず新々刀期の諸工にまで大きな影響を与えています。
 この脇差は、小板目肌よく詰んだ精美な鍛えに、地沸微塵に厚くつき、地景細かによく入る。刃文は大互の目乱れに小湾れ・互の目・角がかる刃等交じり、濤瀾風となり、足太くよく入り、匂深く、沸厚くつき、金筋・砂流しかかり、処々玉状の飛焼を交え、地刃共に明るく冴えるなど、本工の特色と高度な技量が存分に示された名品です。
越前守助広 以地鉄研作之・重要刀剣
越前守助広 以地鉄研作之・図譜
越前守助広 以地鉄研作之・指定書

【脇差】 越前守助広 以地鉄研作之

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 新刀最上作で大坂を代表する津田越前守助廣の最高傑作品のご紹介です。重要刀剣に指定されている同工の脇差は約三十振りが指定されていますが中でも本作は、身幅が最大級に広く、且つ出来が一段と華やかで濤瀾刃明るく冴えわたっています。裏銘の「以地鉄研作之」の義は南蛮鉄に対する一種の自家製鋼の意味を示し、和鋼を卸した鉄を以って作刀したと解釈されています。本作が特に冴えた出来映えをしている所以も、真に助廣独自の自家精錬による和鋼を使ってのこだわりの証と考えられる逸品です。

地刃共に健全。