RSS

【刀】 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印) NEW

天秀 水心子正秀 画像
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・差表 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・差裏
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・鍛え肌
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・鍛え肌2
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・刃文
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・刃
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・彫2
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・彫3
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・茎表 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・茎裏
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・表銘 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・裏銘
種別
武蔵
時代 江戸時代後期
法量 長さ:76.4cm(2尺5寸2分)
反り:2.1cm
元幅:3.1cm
先幅:2.01cm
元重:0.93cm
上州館林秋元家伝来
皇室・将軍家・大名家刀剣目録所載
刀の値段史所載
特別保存刀剣
特別貴重刀剣
金無垢二重はばき
白鞘
神奈川県登録:昭和26年3月31日交付
銘文 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才
水心子白熊入道正秀(刻印)
説明 水心子正秀は寛延三年羽前に生まれ、後に武州下原派の後裔である吉英に師事して鍛刀の技を極めました。初銘を「宅英」または「英国」と切り、安永三年に山形秋元家の抱え工となり、名を正秀に改めました。文政元年には息子の貞秀に正秀の号を譲って天秀と改銘しています。晩年には刀剣復古論を唱えて「刀剣武用論」「刀剣弁疑」等多くの著書を刊行するなど、新々刀期における一大教育者として幾多の門弟達を養成しており、大慶直胤、細川正義などの名工が門下に輩出しています。
 本作は初、二代正秀合作の一振りで、小板目肌が微塵に詰んだ精美な鍛えに地沸細かにつく。刃文は備前伝の互の目丁子刃、片落風となり、逆足長く入り、地刃共に明るく冴え、義胤の手による濃密な刀身彫刻と共に、優れた出来映えを示した名品です。
皇室・将軍家・大名家刀剣カタログ
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・解説
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・押形
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・鑑定書
天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)・認定書

【刀】 天秀 文政三年二月吉日行年七十一才 水心子白熊入道正秀(刻印)

価格:

5,500,000円 (税込)

[ポイント還元 55,000ポイント〜]
購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 江戸新々刀の著名刀工で、最上作に君臨する水心子正秀の最高傑作品をご案内いたします。
本作は「皇室・将軍家・大名家」刀剣目録に掲載された由緒ある名作で上州館林秋元家伝来品が明確です。しかも昭和六年五月に東京美術倶楽部にて秋元子爵家の売立てにより当時の代価で620円という高額な金額で取引された記述が残っています。当時千円で相当立派な家が建ったわけですから、現在の価値に換算しますとかなりの金額となります。
元来、水心子正秀は上州館林秋元家のお抱え刀工という側面から鑑みて、本作は秋元子爵愛蔵の一口であったと考えられます。
なお刀身彫刻は義胤の手によるだけあって繊細で且つ力強い彫口など抜群の魅力を兼ね備え 刀身の素晴らしさと共に不朽の名作としてご紹介させていただきます。


地刃共に健全。