RSS

【短刀】 備前国住長船祐定 永禄元年八月日 CHECK!

祐定 画像
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・差表 備前国住長船祐定 永禄元年八月日・差裏
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・彫
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・物打ち2
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・物打ち3
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・彫2
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・はばき元
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・彫3
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・はばき元2
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・表銘 備前国住長船祐定 永禄元年八月日・裏銘
備前国住長船祐定 永禄元年八月日・鑑定書

種別 短刀 備前
時代 室町時代後期
法量 長さ:29.8cm(9寸8分5厘)
反り:0.1cm
元幅:2.79cm
元重:0.71cm
保存刀剣
金着せ二重はばき
白鞘
大阪府登録:平成14年7月9日交付【平成14年10月8日再交付】
銘文 備前国住長船祐定
永禄元年八月日
説明 室町時代後期の備前長船刀工を総称して末備前と呼称していますが、この中で最も繁栄したのが祐定の一派です。その中でも彦兵衛尉祐定・与三左衛門尉祐定・彦左衛門尉祐定・源兵衛尉祐定などの俗名を冠する刀工達が知られていますが、俗名の無い作品にも多くの名作を残しています。
 この短刀は、小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに地沸つき、刃文は広直刃調に湾れ交じり、足よく入り、細かな砂流しかかるなど、末備前の一作風をよく示した作品です。

【短刀】 備前国住長船祐定 永禄元年八月日

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

クオリティランク ランク8 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 祐定の短刀をご紹介いたします。本作は典型的な末備前の作風で、長さもあって彫の入った見所の多い短刀です。はばき上の地荒れは惜しいですが、年期入りの祐定の短刀をお探しの方にはご推奨の一振りです。

地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。