RSS

【短刀】 国家彫同作 昭和六十一年七月吉日 CHECK!

吉原國家 画像
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・差表 國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・差裏
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・鍛え肌
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・はばき元2
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・物打ち
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・鍛え肌2
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・はばき元3
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・彫
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・表銘 國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・裏銘
國家彫同作 昭和六十一年七月吉日・鞘書
種別 短刀
東京都
時代 昭和〜平成
法量 長さ:27.4cm(9寸強)
反り:なし
元幅:2.66cm
元重:0.63cm
【無鑑査・東京都無形文化財】
金着せ二重はばき
白鞘
東京都登録:昭和61年7月10日交付
銘文 国家彫同作
昭和六十一年七月吉日
説明 吉原国家刀匠は、祖父の初代国家について作刀技術を習得、昭和40年に文化庁より作刀承認を受け、新作名刀展に於いて数々の特賞を受賞し、昭和57年に37歳の若さにして刀匠会の最高位である無鑑査、後には東京都無形文化財保持者に認定され、さらに、全日本刀匠会会長職も歴任されています。現在、世界各国の美術館から作刀のデモンストレーションの要請を受けるなど、日本のみならず国際的な活躍を見せています。
 この短刀は、小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに、地沸微塵に厚くつく。刃文は湾れ基調に互の目交じり、足よく入り、刃縁に沿って細かな砂流しかかり、匂口明るく冴える。

【短刀】 国家彫同作 昭和六十一年七月吉日

価格:

700,000円 (税込)

[ポイント還元 7,000ポイント〜]
購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 現代刀工界屈指の名工、吉原国家刀匠の短刀をご紹介いたします。
精良な地鉄鍛えが好ましく、表裏に施された刀身彫刻と併せ、国家刀匠の高度な技量と感性を存分に示した作品です。
地刃共に健全。