RSS

【刀】 無銘(伝)兼長 NEW

兼長 画像
無銘(伝)兼長・差表 無銘(伝)兼長・差裏
無銘(伝)兼長・鍛え肌
無銘(伝)兼長・鍛え肌2
無銘(伝)兼長・鍛え肌3
無銘(伝)兼長・鍛え肌4
無銘(伝)兼長・物打ち
無銘(伝)兼長・刃文
無銘(伝)兼長・刃文2
無銘(伝)兼長・刃文3
無銘(伝)兼長・茎表 無銘(伝)兼長・茎裏
無銘(伝)兼長・重要刀剣
無銘(伝)兼長・図譜
無銘(伝)兼長・指定書

種別 備前
時代 南北朝時代
法量 長さ:72.7cm(2尺4寸)
反り:2.3cm
元幅:3.14cm
先幅:2.34cm
元重:0.80cm
重要刀剣(第61回重要刀剣指定品)
三葉葵紋太刀はばき
白鞘
北海道登録:平成24年6月22日交付
銘文 無銘(伝)兼長
説明 兼長は長船長義の門人で、現存する在銘作は極めて少ないものですが、同作中に重要美術品認定の貞治五年紀の脇差があり、皆焼風の作柄を示しています。この他に重要刀剣指定の至徳四年、及び特別重要刀剣指定の嘉慶二年紀の各短刀があり、この二振りは前者以上に沸が強く、地刃の働きも豊富で長義の作風に近似しているが、それ以上に相州伝が強調された出来口を示している点が注目されます。
 本作は板目鍛えに地沸微塵に厚くつき、地景頻りに入り、淡く乱れ映り立つ。刃文は互の目主調に大互の目・丁子など多種の刃を交えて複雑に乱れ、足・葉頻りに入り、沸よくつき、飛焼・砂流しかかるなど、刃中の働きと変化に富んだ一振りです。

【刀】 無銘(伝)兼長

価格:

4,500,000円 (税込)

[ポイント還元 45,000ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 相伝備前の代表刀工、兼長極めの名品をご紹介いたします。
身幅広く、鋒の延びた体配に南北朝期の時代色を見せ、よく沸づいた変化に富んだ乱れ刃と突き上げて尖った帽子に兼長の特色を示しており、同作極め中、屈指の出来映えを示した一振りです。 地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。