RSS

【刀】 無銘 越前来 CHECK!

越前来 画像
無銘 越前来・差表 無銘 越前来・差裏
無銘 越前来・鍛え肌
無銘 越前来・鍛え肌2
無銘 越前来・鍛え肌3
無銘 越前来・鍛え肌4
無銘 越前来・鍛え肌5
無銘 越前来・物打ち
無銘 越前来・物打ち2
無銘 越前来・刃4
無銘 越前来・刃5
無銘 越前来・茎
種別
越前
時代 南北朝時代後期
法量 長さ:68.5cm(2尺2寸6分強)
反り:2.1cm
元幅:2.92cm
先幅:2.0cm
元重:0.78cm
保存刀剣
金着せ一重はばき
白鞘
静岡県登録:昭和30年6月21日交付
銘文 無銘 越前来
説明 越前来とは、山城国来派の流れを汲む来国安が後に越前国に移住して作刀した事からこの名があり、以後この派は来国安を祖として室町期まで続いており、越前来極めのものは南北朝姿に沸出来の中直刃に足入り、あるいは互の目調の乱れ刃に砂流しかかるものなどを焼いています。
 この刀は小板目鍛えに地沸よくつき、沸映り風の乱れ映り鮮明に立つ。刃文は小沸出来の中直刃に足・葉頻りに入り、細かな砂流しかかるなど、地刃の働きに富んだ作品です。
無銘 越前来・鑑定書
※以下は、越前来の資料(重要刀剣・脇差 無銘 伝来国安)です。本品のご参考になさってください。
無銘 越前来・参考資料

【刀】 無銘 越前来

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

クオリティランク ランク9 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 山城来派に属する「越前来」極めのご案内です。本作は一見すると中島来に見えますが、地金がやや黒い観点で越前来の鑑定となっております。特に刃中の働きは見事で来派への入門用に最適なコレクションとなるでしょう。また沸映りがとても鮮明に顕われ、映りの特徴を学ぶ上でもお奨めの一振りです。地刃共に概ね健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。