RSS

【刀】 無銘(伝岩戸一文字) NEW

岩戸一文字 画像
無銘(伝岩戸一文字)・差表 無銘(伝岩戸一文字)・差裏
無銘(伝岩戸一文字)・折紙
無銘(伝岩戸一文字)・重要刀剣
無銘(伝岩戸一文字)・図譜
無銘(伝岩戸一文字)・指定書

種別 備前
時代 鎌倉時代後期
法量 長さ:70.6cm
反り:1.2cm
元幅:2.96cm
先幅:2.13cm
元重:0.62cm
第65回重要刀剣指定
本阿弥光遜折紙
金着せ太刀はばき
白鞘
銘文 無銘(伝岩戸一文字)
説明 一文字派は、古備前鍛冶に続いて現れた古い流派で、鎌倉時代初期から南北朝時代にかけて備前長船に隣接する福岡・吉岡・片山・岩戸などの地に栄えました。この派が一文字と呼称されるのは、茎に「一」の字を刻すことによりますが、銘は「一」 の字だけのもの、「一」の字の下に個銘を加えたもの、また個銘だけのものもあります。そしてこの一文字派と称される刀匠は二百余名にも達しており、如何に繁栄したかが伺えます。
鎌倉時代末期以降に、備前国岩戸庄に在住した小規模な一派を岩戸一文字と呼称します。銘鑑に拠れば、その祖を吉氏としており、吉家・宗氏・吉信などの鍛冶がおり、在銘作には吉家に「一 備州岩戸庄地頭左兵衛尉源吉家」銘の元徳年紀を有した作例が遺存しています。
尚、岩戸一文字は作刀年代が鎌倉末期の正中頃である事から、 以前はこの派を正中一文字と呼称していましたが、その後の研究で岩戸の地名を正式なる流派の呼称としています。

【刀】 無銘(伝岩戸一文字)

価格:

5,500,000円 (税込)

[ポイント還元 55,000ポイント~]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 ~ ランク10 ランク10
【ランク5~10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 本作は大磨上無銘の刀で、地鉄鍛えは板目肌よく詰み、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、淡く映りが立ちます。刃文は浅い湾れ調に小丁子・小互の目・尖りごころの刃などを交えて密に焼き、小足よく入り、葉交じり、匂勝ちに小沸つき、金筋や砂流しがかかるなどの出来口を示します。福岡一文字派と比べて刃取りが小模様となるなどの点が、一文字派の中でも岩戸一文字と鑑せられます。変化に富んだ刃文や刃境の景色に加え、地鉄鍛えの精良さが光る一口です。

地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。