RSS

【太刀】 安藝国三上貞直作之【新作名刀展無鑑査刀匠】 平成十二年寒露 NEW

三上貞直 画像
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・佩表 安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・佩裏
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・刃文2
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・刃文3
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・物打ち4
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・鍛え肌
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・鍛え肌2
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・茎表 安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・茎裏
安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・表銘 安藝国 三上貞直作之 平成十二年寒露・裏銘

種別 太刀 広島県
時代 平成
法量 長さ:78.8cm(2尺6寸)
反り:3.1cm
元幅:3.24cm
先幅:2.29cm
元重:0.80cm
金着せ二重はばき
白鞘
広島県登録:平成12年11月22日交付
銘文 安藝国三上貞直作之【新作名刀展無鑑査刀匠】
平成十二年寒露
説明 三上貞直刀匠は昭和四十九年に月山貞一師(人間国宝)に入門、昭和五十五年には文化庁より美術刀剣類制作の承認を受け、広島県千代田町に三上貞直日本刀鍛錬道場を開設しました。その後、新作名刀展に於いて薫山賞・毎日新聞社賞・高松宮賞・文化庁長官賞など幾多の特賞を受賞し、平成七年には新作刀展覧会の最高位である無鑑査刀匠に認定されています。作風は相伝備前を最も得意としており、備前長義に倣った優れた作品を見ます。
 本作は、長寸で反りが高くついた太刀様式の備前長義写しと鑑せられものであり、小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに地沸微塵に厚くつく。刃文は変化に富んだ互の目丁子刃、沸よくつき、足・葉頻りに入り、細かに砂流しかかり、地刃共に明るく冴えた一振りです。

【太刀】 安藝国三上貞直作之【新作名刀展無鑑査刀匠】 平成十二年寒露

価格:

1,400,000円 (税込)

[ポイント還元 14,000ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 現代刀工界の第一人者、三上貞直刀匠の太刀をご紹介いたします。
精美な地鉄鍛え、刃文すべてにおいて、三上刀匠の高度な技量と特色を存分に示した一振りです。
地刃共に健全。

(本作は委託出品となっています)