RSS

【脇差】 於大坂和泉守国貞作之(初代) CHECK!

親國貞 画像
於大坂和泉守國貞作之・差表 於大坂和泉守國貞作之・差裏
於大坂和泉守國貞作之・物打ち2
於大坂和泉守國貞作之・物打ち3
於大坂和泉守國貞作之・鍛え肌
於大坂和泉守國貞作之・鍛え肌2
於大坂和泉守國貞作之・鍛え肌3
於大坂和泉守國貞作之・はばき元
於大坂和泉守國貞作之・鞘書き 於大坂和泉守國貞作之・銘
種別 脇差
摂津
時代 江戸時代初期
法量 長さ:45.7cm(1尺5寸強)
反り:1.3cm
元幅:2.98cm
先幅:2.33cm
元重:0.67cm
特別保存刀剣
特別貴重刀剣
金着せ二重はばき
白鞘及び佐藤寒山先生御鞘書旧白鞘
大阪府登録:昭和37年6月19日交付
銘文 於大坂和泉守国貞作之(初代)
説明 初代和泉守国貞は天正十七年日州飫肥に生まれ、上京して堀川国広の門人となり、師国広没後は国広の高弟である越後守国儔に学んだとされています。元和六年頃大坂に移り、元和九年九月和泉守を受領、晩年には入道して道和と号しています。なお、子の井上真改も初期銘を初代と同じく和泉守国貞と銘したので、これと区別するために初代国貞を「親国貞」二代国貞を「真改国貞」と呼んでいます。
 この脇差は、小板目肌が細かく詰んだ鍛えに、地沸微塵に厚くつき、刃文は互の目主調に小湾れ交じり、足・葉入り、匂深く小沸つき、地刃共に明るく冴えた作品です。
於大坂和泉守國貞作之・鑑定書
於大坂和泉守國貞作之・認定書

【脇差】 於大坂和泉守国貞作之(初代)

価格:

980,000円 (税込)

[ポイント還元 9,800ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 井上真改の親として著名な初代国貞は、通称親国貞と称し本名は井上良広、天正十七年日向国飫肥に生まれました。上京して堀川国広門下となりのちに大坂に移住、大坂新刀の礎を築いた偉大な刀工に挙げられます。子である真改も初銘を国貞を継承し区別をする意味で初代国貞を「親国貞」井上真改初期作を「真改国貞」と呼んでいます。
本作は、初代国貞の実力を余すところ無く発揮した優品の脇差の一口でございます。

地刃共に健全。