著名刀剣標準価格表・「ま」〜1

著名刀剣標準価格表
【刀の蔵からのコメント】
名著 刀剣要覧は戦後の刀剣界にあって、バイブル的存在であり通算で改訂版は22版を数えるに至っています。中でも著名刀工標準価格表を参考にする機会は多く、著名刀工の国や製作年代を確認する上で役立ちます。また評価の大まかな目安として捉えることができました。
しかし乍ら、改訂版22版が発刊(平成13年)されて久しく、その後の日本経済はリーマンショック等世界経済のうねりにのみ込まれるかたちで大きく打撃を受け、牽いては日本刀の評価基準にまでその影響が大きく出ています。実勢価格との大幅な乖離が生じているのが実情でございます。
【ご注意】
この情報は購入判断の参考としての情報を目的としたものであり、購入の勧誘を目的としたものではありません。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。

「ま」〜

国別
元号
時代区分
価格(単位:円)
舞草
まいくさ(もうくさ)
陸奥
文永
古刀
10000000
「舞草」
孫次郎
まごじろう
越前
寛永
新刀
5000000
「下坂孫次郎」彫物上手。
方清
まさきよ
長門
元禄
新刀
6000000
周防二王清綱嫡流という。「長州住二王方清」刃文、小乱、足入り。
正明
まさあき
武蔵
慶応
新々刀
8500000
細川正義高弟。作州津山藩士。「正日月」とも切る。「城慶子正明精鍛之」刃文、互の目丁子乱、足長く小沸良く付く。
正家
まさいえ
備後
正和
古刀
13500000
三原祖。「正家」「備州住正家」刃文、匂い口締まりの直刃沸付、白気映り立つ。
正雄
まさお
武蔵
安政
新々刀
9000000
生国美濃。清麿高弟。銘、草書に切る。「源正雄」「武州住鈴木次郎源正雄」刃文、沸深の互の目乱、砂流し金筋入る。
正奥
まさおき(まさおく)
備後
永禄
古刀
6500000
貝三原。「備州三原住人貝正興」「備後国三原住正興作」刃文、互の目乱、直刃ほつれる。
正興
まさおき
備後
天文
古刀
7000000
貝三原。「正興」「備州三原住貝正興」刃文、広直刃多く、互の目乱もある。
正景
まさかげ
大隅
天保
新々刀
7500000
正幸門。加治木島津家抱え工。「隅州住正景」「大隅国住平正景」刃文、互の目乱、尖り心の刃交じり沸厚く付き砂流し金筋入る。
正蔭
まさかげ
越後
慶応
新々刀
4500000
正雄門。本国富山。「玉心斉正蔭」刃文、互の目乱。
正勝
まさかつ
越前
寛永
新刀
6300000
下坂。初代正則次男。兄二代正則との合作もある。「肥後守藤原正勝」「肥後大掾藤原正勝」刃文、尖り互の目乱。
正勝
まさかつ
常陸
慶応
新々刀
5500000
初代徳勝門。後、婿。「勝村正勝」刃文、荒沸付匂い口締まりたる直刃、又は互の目乱。
正包
まさかね
新刀
重包【しげかね】…筑前(享保)参照。
正清
まさきよ
和泉
永正
古刀
6800000
加賀四郎。堺住。「泉州住正清作」刃文、広直刃、湾れ、皆焼もある。
正清
まさきよ
備後
康正
古刀
8000000
三原。「正清」刃文、直刃。
正清
まさきよ
薩摩
享保
新刀
12000000
三代正房門。主水正。初銘清盈(きよみつ)。吉宗公の佩刀を作り、葵一葉賜る。「薩州住藤原正清」「主水正正清」刃文、尖り心の互の目乱、湾れ荒沸付。
正国
まさくに
肥後
天正
古刀
9000000
同田貫。延寿末流。初銘国勝。「九州肥後同田貫藤原正国」刃文、互の目乱、直刃。
正真
まさざね
伊勢
文亀
古刀
9000000
村正一派。長吉との合作あり。和泉にても打つ。「正真」刃文、湾れ足入り腰刃互の目乱、谷深き箱刃。
正真
まさざね
大和
天文
古刀
8000000
金房一派。「南都金房隼人丞正真作」刃文、直刃足入り小乱丁子。
正真
まさざね
備後
天正
古刀
6000000
貝三原。「備後国三原住貝正真」刃文、小沸付、直刃、互の目乱。
正成
まさしげ
備前
寛永
新刀
4500000
「東多聞兵衛藤原正成作之」刃文、互の目丁子乱、直刃足入り。
正重
まさしげ
武蔵
天正
古刀
7500000
初代照重(天正)子、又は弟という。「武州下原住正重」三代は寛文頃。
正重
まさしげ
伊勢
大永
古刀
9500000
村正子という。「正重」「正重作」刃文、湾れ互の目乱、腰刃、直刃もある。
正重
まさしげ
備後
天文
古刀
6500000
貝三原。「備後国三原住人貝正重作」刃文、直刃足入り、乱刃もある。
正重
まさしげ
伊勢
寛永
新刀
6500000
村正末。「勢州住千子正重」刃文、谷深き互の目乱、湾れ腰刃足入り。
正重
まさしげ
山城
寛永
新刀
4500000
「城州住山巻正重」刃文、湾れ乱。
正重
まさしげ
長門
文政
新々刀
4500000
水心子正秀門。「波彩子正重」刃文、互の目丁子。
正繁
まさしげ
陸奥
寛政
新々刀
10000000
本国播磨。三代氏繁弟。初銘氏繁。晩年、白河楽翁公より「神妙」を賜り、良作に切銘する。「手柄山氏繁」「奥州白河近江手柄山正繁」「手柄山甲斐守正繁」刃文、沸深の大互の目乱。彫同作は高価。
正隆
まさたか
摂津
天保
新々刀
6500000
助隆孫。助繁(文化)子。後、京住。「尾崎源吾正隆」「天竜子正隆」「尾崎長門介藤原正隆」刃文、大互の目乱、足入り、直刃もある。
正近
まさちか
備後
天文
古刀
7000000
貝三原。「備後国三原住人貝正近」刃文、中直刃、足入り小乱もある。
正近
まさちか
薩摩
元文
新刀
7000000
主水正正清子。「薩州住藤原正近」刃文、尖り心の互の目乱、直足入り。
正次
まさつぐ
相模
永正
古刀
6000000
国次弟。「相州住正次」刃文、互の目に尖り刃交じる。
正次
まさつぐ
大和
永禄
古刀
5000000
金房一派。「南都金房兵衛尉正次」刃文、互の目乱、直刃。
正次
まさつぐ
豊後
文暦
古刀
15000000
古備前。正恒系。「正次」刃文、小乱、小丁子交じり匂い深く小沸付。
正次
まさつぐ
備後
天正
古刀
6500000
三原。「備州三原住正次」刃文、直刃足入り多し。
正次
まさつぐ
備前
万治
新刀
4500000
正成子。「東多聞兵衛正次」刃文、互の目乱、直刃。
正次
まさつぐ
新刀
宗次(初代)【むねつぐ】…肥前(慶安)参照。
正次
まさつぐ
常陸
元治
新々刀
4500000
「常陸国笠間住人源正次」
正次
まさつぐ
武蔵
安政
新々刀
8000000
直胤門。水心子正秀養子。義胤彫有り。「川部北司水心子藤原正次」刃文、互の目乱、足入り荒沸付、砂流し金筋かかる。直刃もある。
正綱(初代)
まさつな
伯耆
元和
新刀
5500000
初銘正広。播磨大掾。「伯耆国倉吉住藤原正綱」刃文、互の目丁子乱。
正綱(二代)
まさつな
伯耆
慶安
新刀
5000000
「伯耆国倉吉住人播磨大掾藤原正綱」刃文、初代同様。
正恒
まさつね
備前
保元
古刀
25000000
有正子。古備前の代表工。「正恒」刃文、小丁子乱、小沸深く小乱交じる。
正恒
まさつね
備前
文治
古刀
18000000
「正恒」刃文、上同様。
正恒
まさつね
備中
建久
古刀
20000000
古青江。「正恒」刃文、小乱、小丁子、逆がかる刃交じる。
正恒
まさつね
豊後
天福
古刀
10000000
行平孫。「正恒」刃文、沸深き小丁子乱、足入り。
正照(初代)
まさてる
武蔵
天和
新刀
7000000
法城寺正弘門。後、出羽住。「法城寺越前守橘正照」刃文、互の目乱、太直刃足入り。正弘、貞国等に似る。
正照(二代)
まさてる
出羽
元禄
新刀
5000000
二代金道門。「(菊紋)越前守橘正照」刃文、初代同様。菊紋有り。
正利
まさとし
美濃
弘治
古刀
8000000
正吉子。板倉関と称す。「正利」刃文、互の目乱、小沸付白気映り立つ。
正利
まさとし
美作
元治
新々刀
5800000
細川正義門。津山藩士。「作陽士多田正利」刃文、互の目丁子乱、直刃もある。
正俊
まさとし
山城
正保
新刀
7000000
紀州石堂。「平安城石堂右近正俊」刃文、互の目丁子乱。
正俊(初代)
まさとし
山城
元和
新刀
13000000
関兼道四男。「越中守正俊」刃文、互の目乱、丁子尖り刃交じり、直刃もある。
正俊(二代)
まさとし
山城
寛文
新刀
6500000
十六葉の風車のような菊紋も切る。「越中守正俊」刃文、初代に似る。
正俊(三代)
まさとし
山城
天和
新刀
6000000
菊紋を切る。「越中守正俊」刃文、上同様。
正俊
まさとし
武蔵
文久
新々刀
7500000
細川正義門。後、清麿門という。初銘秡国。「岩井鬼晋麿源正俊」刃文、互の目乱、沸付足入り。
正直
まさなお
上総
嘉永
新々刀
8000000
清麿門。「上総国正直」刃文、互の目乱、沸付き、清麿風。
正直
まさなお
肥後
文政
新々刀
4500000
「肥後国住正直」刃文、互の目丁子乱、直刃もある。
正永
まさなが
新刀
正弘(初代)・(二代)・(五代)【まさひろ】…肥前参照。
正永(三代)
まさなが
肥前
延宝
新刀
7500000
二代正広子。初銘広永。後、備中大掾。「肥前国住正永」「肥前国備中大掾藤原正永」刃文、互の目乱、湾れ直刃。
正長
まさなが
大和
天正
古刀
6000000
「大和国金房正長」刃文、直刃小乱交じり。
正信
まさのぶ
出羽
大永
古刀
6500000
「月山正信」刃文、直刃ほつれ匂い締まりたるもの多し。
正信
まさのぶ
越後
貞治
古刀
8500000
後銘信国。「正信」「正信作」刃文、互の目乱、匂い締まり荒沸付く、直刃あり。
正信
まさのぶ
備後
永和
古刀
8000000
五阿弥。「備州住正信」刃文、中直刃、小互の目乱。
正則
まさのり
備後
天文
古刀
6000000
貝三原。「備後国三原住人貝正則」刃文、直刃。
正則
まさのり
武蔵
寛文
新刀
5000000
江戸法城寺。本国但馬。「法城寺橘正則」刃文、小互の目足入り。
正則(初代)
まさのり
越前
元和
新刀
8500000
本国丹波。三条吉則末。京にても打つ。「大和大掾藤原正則」刃文、互の目乱、谷深く関風の感あり。直刃湾れ心もあり。彫物有るは高価。
正則(二代)
まさのり
越前
寛文
新刀
7000000
初代正則嫡子。江戸にても打つ。「大和大掾藤原正則」刃文、初代同様。
正規
まさのり
下野
慶応
新々刀
5500000
「野州住細川正規作」刃文、互の目丁子、直刃。
正徳
まさのり
下野
天保
新々刀
6000000
細川正義三男。正長同人。「正徳」「相模五郎源正徳」刃文、互の目丁子、直刃。