RSS

【脇差】 兼房(寸延短刀) NEW

兼房 画像
兼房・差表 兼房・差裏
兼房・切先2
兼房・切先3
兼房・彫り
兼房・彫り2
兼房・茎
種別 脇差
美濃
時代 室町時代後期
法量 長さ:34.6cm(1尺1寸4分)
反り:0.6cm
元幅:3.11cm
元重:0.51cm
保存刀剣
朱塗鞘合口拵
金着せ二重はばき
白鞘
佐賀県登録:平成12年7月19日交付
銘文 兼房
説明 初代兼房は善定兼吉系の兼重の子で、世に兼房乱れと呼称される特徴のある大きな互の目乱れを得意とし、関鍛冶を代表する刀工として知られています。兼房の作刀は銘も二字銘が多く、年紀や俗名を切ったものがほとんど見られない事と、同銘数代ある兼房の製作年代が近接しているために何種かある兼房銘を判別するのが非常に困難とされています。
 この脇差(寸延び短刀)は小板目鍛えに柾交じり、細かな地沸つき、刃文は兼房乱れと称される匂出来の頭の丸い互の目乱れに飛焼まじり、地刃共に本工の典型的作風を示した作品です。
兼房・鑑定書

【脇差】 兼房(寸延短刀)

価格:

700,000円 (税込)

[ポイント還元 7,000ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 兼房は孫六兼元・兼定と並んで室町時代後期の美濃鍛冶を代表する名工であります。特に本作は刃文の出来がすこぶる良く寸延び短刀で名作をお探しの方にお奨めの一振りです。地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。