RSS

【刀】 冬広作 NEW

冬広 画像
冬広作・差表 冬広作・差裏
冬広作・鍛え肌
冬広作・物打ち2
冬広作・鍛え肌3
冬広作・樋
冬広作・茎表 冬広作・茎裏
冬広作・銘
種別
若狭
時代 室町時代後期
法量 長さ:64.9cm(2尺1寸4分)
反り:1.8cm
元幅:3.11cm
先幅:2.55cm
元重:0.71cm
特別保存刀剣
金着せ二重はばき
白鞘
福岡県登録:昭和26年2月27日交付
銘文 冬広作
説明 初代冬廣は相州二代広次の子で若州小浜に移住して作刀、後に相州綱広の門に学びました。以下同銘数代が同地に続き、大いに繁栄しており、現存する作品には天文・永禄等の年紀のものがありますが、殆んど時代を同じくして伯州・雲州・備中等の居住地銘を切った作が残されており、これ等が同人か否かについては判別できないのが現状です。
 この刀は大鋒、鎬の重ねを卸した造込みで、板目鍛えに地沸よくつく。刃文は互の目乱れに足・葉入り、沸よくつき、砂流しかかり、帽子は乱れ込み、先掃きかけて焼詰めごころとなるなど、第23回重要刀剣指定品に近似した出来口を示しています。
冬広作・鑑定書

【刀】 冬広作

価格:

700,000円 (税込)

[ポイント還元 7,000ポイント〜]
購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 初代若州冬広の優品をご紹介いたします。
重ねを卸して鎬高く、先反りついて大鋒となった体配と覇気に富んだ互の目乱れの刃文が好ましい一振りです。

地刃共に健全。

(本作は委託出品となっています)

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。