RSS

【太刀】 備前国赤崎住俊光造(今泉俊光) NEW

今泉俊光 画像
備前国赤嵜住俊光造・佩表 備前国赤嵜住俊光造・佩裏
備前国赤嵜住俊光造・鍛え肌
備前国赤嵜住俊光造・鍛え肌2
備前国赤嵜住俊光造・鍛え肌3
備前国赤嵜住俊光造・鍛え肌4
備前国赤嵜住俊光造・鍛え肌5
備前国赤嵜住俊光造・物打ち
備前国赤嵜住俊光造・茎表 備前国赤嵜住俊光造・茎裏
備前国赤嵜住俊光造・銘
種別 太刀
岡山県
時代 昭和
法量 長さ:69.6cm(2尺2寸9分5厘)
反り:2.4cm
元幅:3.20cm
先幅:2.20cm
元重:0.78cm
保存刀剣
銀着せ一重はばき
白鞘
岡山県登録:昭和32年4月24日交付
銘文 備前国赤崎住俊光造(今泉俊光)
説明 今泉俊光刀匠は明治三十一年佐賀県小城郡に生まれ、大正十三年に岡山県児島郡赤碕に移住し、独自の鍛刀研究に入る。昭和十九年長船町に移り、翌三十年に鍛錬場を開設して鍛刀、昭和三十四年には岡山県重要無形文化財保持者の認定を受ける。その後、新作名刀展において日本美術刀剣保存協会会長賞・毎日新聞社賞など多くの特賞を受賞し、昭和四十五年には無鑑査認定となる。俊光刀匠は作刀期間が極めて長く、平成五年二月年紀・九十六歳添銘の太刀を残すなど、高齢にも拘らず師の作刀に対する研究心は他の追随を許さないところです。
 この太刀は、小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに、地沸微塵に厚くつく。刃文は備前伝の丁子乱れ、丁子足長く頻りに入り、僅かに逆足交じり、匂口締まりごころに小沸つき、地刃共に明るく冴えた作品です。
備前国赤嵜住俊光造・鑑定書

【太刀】 備前国赤崎住俊光造(今泉俊光)

価格:

750,000円 (税込)

[ポイント還元 7,500ポイント〜]
購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 現代刀工界の重鎮、今泉俊光刀匠の太刀をご紹介いたします。
本作は、銘文が示すように児島郡赤碕打ちで戦時中の作ではありますが、太刀銘である事、及び寸法・地刃の完成度から判断すれば軍刀として制作されたものでは無く、俊光刀匠が長船町に移住する直前の入念作と鑑せられる一振りです。

地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。