RSS

【刀】 無銘(岩戸一文字) NEW

岩戸一文字 画像
無銘(岩戸一文字)・差表 無銘(岩戸一文字)・差裏
無銘(岩戸一文字)・茎表 無銘(岩戸一文字)・茎裏

種別 備前
時代 鎌倉時代後期
法量 長さ:70.2cm
反り:1.5cm
元幅:3.07cm
先幅:2.45cm
元重:0.70cm
特別保存刀剣鑑定書
金着せ一重太刀はばき
白鞘
鹿児島県登録:昭和32年7月13日交付
銘文 無銘(岩戸一文字)
説明 一文字派は、銘に「一」の字を切るところからその名があります。
鎌倉時代の備前物の最も大きな流派は、一文字派と長船派の両派であり、一文字派は南北朝時代にかけて福岡(瀬戸内市長船町)・吉岡(岡山市東区)・備中国片山(総社市)・岩戸などの地に繁栄し、多くの良工を輩出しました。中でも岩戸一文字派は、鎌倉末期に備前国和気郡岩戸庄(現在の和気郡佐伯町大字岩戸)で鍛刀した一派である事から岩戸一文字と呼称されております。銘鑑に拠れば、吉氏を祖とし、吉家・宗氏・吉信などの鍛冶がおり、在銘品では「一 備州岩戸庄地頭左兵衛尉源吉家」と銘した元徳年紀の作刀が遺存しています。
尚、岩戸一文字は作刀年代が鎌倉末期の正中頃である事から、 以前はこの派を正中一文字と呼称していましたが、その後の研究で岩戸の地名を正式なる流派の呼称としています。

【刀】 無銘(岩戸一文字)

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

なし

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
メールを送る
この商品について問い合わせる

お電話でのお問い合わせは FAXでのご注文
申込用紙を印刷してご記入の上、
086-420-0066までFAXして頂く事でご契約となります。
クオリティランク ランク10 自己採点を表示しています。

【刀身の健全度・研磨の状態・白鞘 はばきなどの装備品など】総合的に採点しました。
マイナス点はコメントを参照して下さい。
ランク5 ランク5 〜 ランク10 ランク10
【ランク5〜10 段階で商品のクオリティーを評価しています。】
コメント 今回ご紹介の本作の、一番の見処と致しましては、鮮明な乱れ映りが一面に立っている点で御座います。刃文は古雅な丁子乱れを主調としていて、鎌倉時代中期頃の備前刀の巨匠・光忠を彷彿とする出来映えを示しており、刃中に小足・葉などの働きもみられ、味わい深い一振りでございます。重要刀剣の審査にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。
地刃共に健全。

この商品をご覧頂いた方は、こちらの商品も検討されています。